データマーケティングとは?

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. データマーケティングとは?

データマーケティングとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データマーケティングとは?

「経験」や「勘」に基づく属人的な意思決定方法から、データという客観性のある根拠へ基づく意思決定へとビジネスにおけるトレンドが変化しており、企業活動のさまざまな場面で「データドリブン」が一般的になってきています。

それはマーケティング領域においても例外ではありません。顧客データや購買データ、Webサイトへのアクセスログ、キャンペーン結果、SNSなど、マーケティングに関するさまざまなデータを収集して活用するデータマーケティング(データドリブンマーケティング)は、今や多くの企業で取り入れられています。

本コラムでは、データマーケティングの概念やメリットなどをご紹介します。今一度、ここでおさらいしましょう。

1.データマーケティングとは?

データマーケティングとは、顧客データや購買データ、Webサイトへのアクセスログ、キャンペーン結果、SNSといったマーケティングに関連するさまざまなデータを収集・分析して、施策の立案や改善に役立てるマーケティング手法のことです。

見込客や顧客とのデジタル接点が増え、それらのログを取得できるさまざまなITツールが出揃い、効果的なデータマーケティングを実行できるインフラが整ったことでデータマーケティングの普及が加速したといえるでしょう。


2.データマーケティングの必要性と有効性

一般的にBtoBの購買行動が複雑で長期的であるのに対し、BtoCの方は単純だといわれてきましたが、現代ではBtoCにおいてすら顧客のニーズや価値観、行動は多様化・複雑化しており、把握が困難になっています。

店舗などリアルの場とWebサイトやSNSといったバーチャルの場を行き来しながら、情報収集、検討、購買とステップを進めていく現代の顧客の複雑な行動を、データを紐解くことで捉えたり推測したりできます。そのためマーケティング施策の精度が上がり、より的確なプランを立てることができるようになります。

さらに、実施したマーケティング施策の結果データを分析し改善につなげることで、より精度を高めることも可能です。

こうした理由からデータマーケティングに取り組む企業は多く、取り組まない企業は取り残されていくことになるでしょう。


3.データマーケティングのメリット

データマーケティングのメリットを細分化・整理しながら、もう少し詳しくご紹介します。

1. マーケティング業務の効率向上

データという客観的な証拠に基づいてマーケティング施策のプランニングが行えるようになると、マーケティング担当者の経験や勘という主観的であやふやなものに頼って判断するのに比べ、効果に対する精度も向上します。

根拠に基づくためスピーディに判断できるようになり、無駄なマーケティング施策を行う必要もなくなります。このため、見当違いなマーケティング施策にかける金銭・時間コストを削減できます。

また、データマーケティングを実施するにはデジタルツールを活用することになるため、その点でもマーケティング業務が効率化されます。

2. 見込客・顧客との関係性の向上

データ分析を活用することで個々の顧客に合わせて最適なマーケティング施策を行う「One to Oneマーケティング」が行えるようになるため、見込客や顧客との関係性を向上させることも可能です。

見込客や顧客がまさにいま欲しい旬な情報を最適なタイミングで届けることができれば、信頼性や好意といったエンゲージメントを高める効果が期待できます。


4.データマーケティングにおけるビッグデータ活用

データマーケティングと一口にいっても、たとえば、Webサイトへのアクセス解析のみを行い、そこからマーケティング施策を立てて実施するだけといった小規模なものから、顧客データや購買データ、Webサイトへのアクセスログ、キャンペーン結果、SNSといったマーケティングに関わる膨大なデータを総合的に分析する大規模なものまで含まれます。

もちろん、最初から何種類もの膨大なデータを揃えて分析するのは負担が大きいでしょうが、せっかく取り組むなら最終的にはビッグデータを活用したデータマーケティングを目指したいところです。

ビッグデータを活用することで、ターゲット層や顧客の傾向や行動予測を、自社の抱える課題を、より明確に掴むことができるようになります 。ビッグデータから得られた示唆はマーケティングのみならず、製品・サービスの企画開発や経営そのものなどビジネス全般に幅広く活用できます。


5.まとめ

本コラムで ご紹介してきたように、データを活用することでマーケティング活動の質を上げ、効率化することができます。比較的新しいマーケティング手法ではありますが、すでに取り組んでいる企業は多いため、躊躇している企業様は早めにスタートを切ることをおすすめいたします。

データ活用においては、収集や分析、セキュリティ対策など、データの取り扱いが肝になってきます。データマーケティングへの取り組みを機に、ビッグデータを扱えるツールの導入もポイントになります。この機会に併せて検討してみてはいかがでしょうか。

 

BIツールサービス資料一覧

高機能BIダッシュボ-ドGalleriaSoloの概要、機能、料金をまとめております。

サービス資料DL

GalleriaSoloの概要

お困りごとがありましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

お問合せ

関連キーワード

最新記事

DTSBigDataSolutions

BIダッシュボード「GalleriaSolo」およびBIツール「DaTaStudio@WEB」を中心として多彩なビッグデータソリューションを提供しています。